So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

辻堂魁『風の市兵衛』シリーズ [書評]

辻堂魁の『風の市兵衛』シリーズを読み始めました。NHKで向井理主演でTVドラマ化されるという話をきいて、手に取りました。時代小説ですから、主人公の剣の腕が立つのは当然として、ソロバンを得意とするという設定が効いています。まぁ、さしずめ今風に言うならば、経営コンサルタント、中小企業診断士といったところでしょうか。

柳原堤下で、武家の心中死体が発見された。旗本にあるまじき不祥事に加えて、新たな借財までもが判明する。遺された妻と幼い息子は窮地に陥る。そこに渡り用人唐木市兵衛が雇われた。やがて、市兵衛によって、この事件の背後に、抜け荷と阿片をめぐる陰謀があることが…。

作中、市兵衛に立ちはだかる相手に、唐人剣をつかう美貌の女剣士がでてくるなど、ビジュアル的にもTVドラマ向きですね。ただ、もう少し、中小企業診断士といった側面に日を当てても良いのかなとは思いましたが、二作目の『雷神』では、市兵衛 が古着を扱う商いを提案し、成功します。(ここらは、佐伯泰英の『古着屋総兵衛』を思い出します。)

三作目『帰り舟』では、日本橋小網町の醤油酢問屋「広国屋」が舞台。渡り用人・唐木市兵衛は、使用人の不正を明らかにしてほしいということで雇われたのだったが、折しも広国屋に直買い(密輸)の嫌疑がかかっていて・・・。

いずれも、ツボは押さえた物語で、安心して読めます。すでに、このシリーズは二十巻を超える長い物語になっているので、今回は、TVシリーズ化されたものだけで、とりあえず打ち止めにしようと思います。


風の市兵衛 (祥伝社文庫)

風の市兵衛 (祥伝社文庫)

  • 作者: 辻堂 魁
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2010/03/11
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。